佐々木クリニック 泌尿器科・小児泌尿器科
042-344-3390
耳鼻咽喉科・アレルギー科
042-345-4866
メニューを開く

佐々木クリニック

お問い合わせ

スギ花粉舌下免疫療法について [シダトレンに関する情報]

当院ではスギ花粉症舌下免疫療法による治療薬シダトレンの処方を行っています。

(診察および治療は健康保険の適応です)

 

スギ花粉症舌下(アレルゲン)免疫療法とは?

アレルゲン免疫療法は、減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。アレルギー症状を根本的に治す可能性のある治療法と考えられています。
スギ花粉症舌下(アレルゲン)免疫療法は スギ花粉を原料としたエキス シダトレンを少量から舌下投与(舌の下に薬剤を投与した後、約2分間維持して飲み込むこと)することによって体を慣らし、スギ花粉によるアレルギー症状(スギ花粉症症状)をやわらげます。

スギ舌下免疫療法の効果に関する記事です ⇒ こちらをクリック

 

●スギ花粉舌下免疫療法の開始時期について

安全に治療を行なうために、スギ花粉が飛散している時期には舌下免疫療法を開始できません。
1月から5月のゴールデンウィーク明けまでは導入できない時期と考えてください。
12月中旬以降来院された場合は、当面アレルギーのお薬で対応し、舌下免疫療法の開始は翌年のゴールデンウィーク明けまでお待ちいただき、症状を見て導入することになります。

【処方までの流れ】

シダトレンの処方を希望される方は、お電話、もしくは受付に直接お問い合わせください。

通常のアレルギー性鼻炎の診断、治療は耳鼻科クリニックにて行っています。
スギ花粉症の診断、シダトレンに関する説明および処方は泌尿器科クリニックで行っています。

問診票を記入いただきます。
スギ花粉のアレルギー検査を行います。(他院での検査の結果をお持ちの方はご持参ください。)結果が出るのに数日かかります。

スギ花粉症舌下免疫療法について説明いたします。
服用方法、効果、副作用など十分にご理解いただいた後に処方いたします。

初回投与はクリニックで行い、投与後30分は副作用が出ないかクリニック内で経過を見ます。
患者携帯カード(図)を交付します。
img_clinic_menu01
翌日からは自宅で服用します。

増量期は週一回(最初の二週間のみ)、その後の維持期は1ヶ月に一回の外来受診が必要となります。治療の継続期間は3−5年がWHO(世界保健機関)で推奨されています。

 

【シダトレンの処方を受けられない方】

・12歳未満の小児

・65歳以上の高齢者
・スギ花粉症で無い方
・β阻害薬を使用しているかた
・治療開始時に妊娠しているかた
・重症の喘息を有する方
・ガン、自己免疫疾患、免疫不全など全身的に重篤な疾患を有する方
・全身ステロイド薬や抗がん剤を使用している方

 

シダトレン®処方登録医師と医療機関

白柳玲子 佐々木クリニック 042-345-4866
白柳慶之 佐々木クリニック 泌尿器科・小児泌尿器科   042-344-3390
緊急時対応連携医療機関
公立昭和病院 042-461-0052  http://www.kouritu-showa.jp

 

アレルゲン免疫療法についてもっと知りたい方は下記をクリック

bnr_menu01

佐々木クリニック

ページの上部へ